VOLVO CAR 太田・足利

ショールームアテンダント武山が綴る、北欧とお店周辺のブログ・・・

XC40 Recharge Plug-in hybrid 試乗!

      2020/09/25

こんにちは!

新人セールスOでございます。

 

今回は新たにXC40のパワートレーンに加わった、

XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription

を試乗させていただいたので、主に燃費についてご紹介いたします!

ボルボ太田足利店から私の自宅までの片道24キロほどの道のりを

まずはモーターだけで走行する「Pure」モードで走行してみます。

 

バッテリー満充電の状態であればモーターのみで40Km 走れるはずですが、

充電時間が少し足りなかったため、ドライバーディスプレー上は航続可能距離36kmでスタートしました。

「Pure」モードでの走行はとにかく静か!!

一時停止から再発進するときもエンジンが始動するときのような振動は一切ありません。

走り始めから加速、停止まですべてがとても上品な乗り心地となっています。一度体験すると病みつきです!

 

ほぼ満充電の状態でしたが、「Pure」モードだと流石にみるみるバッテリー残量は減っていきます。

それでも自宅までは無事に走破できました。

ドライバーディスプレー上の残りの航続可能距離は9kmでした。

ストップアンドゴーが多い道のりでしたが、ほぼ公称値通りの航続距離のようです。

 

次に自宅からボルボ太田足利までの道のりはエンジンとモーターを併用して走る「Hybrid」モードを試してみました。

距離は同じく24kmです。

バッテリー残量は昨日のまま、およそ四分の一残っている状態でスタートします。

およそ10kmほど走ったところでバッテリー残量が0になりました。

ここからはエンジンがメインで動き始めるはずなのですが、エンジン音はほとんど車内には聞こえてきません。

回生ブレーキを使って逐一充電をしていて、発進時や走行中もモーターのアシストがあるため

走りの上品さは少しも損なわれていないように感じました。

結果、往復約50kmの試乗を終えても燃料計はほぼ減っておらず、

ガソリンの消費は最小限に抑えられている様でした。

平均燃料消費量は32.8ℓという結果でした。

モーター走行の分も含まれているため参考値ですが、自宅に充電コンセントを備えれば、

ガソリンを給油する機会はかなり減りそうです!

 

地球温暖化の原因とされる温室効果ガス削減のため、ボルボは全ラインナップを電動化させ、

化石燃料の消費を減らす取り組みを始めています。

大切な人を守り、地球環境も守る。

Recharge Plug-in hybrid をぜひ、体験してみてくださいね!!

皆様のご来場お待ちしております!!

 - 未分類