バー&グリル チェント

本格イタリア料理 Bar&Grill チェント スタッフブログ

『 Baba 』ってなーに?~豆知識編~

      2012/10/13

こんにちは、ねぇさんです:icon2_happy01::scissors:

あっついですっ:icon2_wobbly::sweat01:

気温はともかく、この湿気がイヤッッッ:sign01::crying:

日本全国に大っきなエアコンを設置して、ドライモード全開で除湿したい:sign03:

・・・なんて言ったら、節電のこのご時世に怒られちゃいますか?:icon2_bleah::sweat02:

あぁ、イタリアのカラッとした暑さが懐かしい・・・:sun::italy:

まぁ、愚痴っていても始まらないので気を取り直しまして

前回のブログでご紹介した 『 ババ 』 について

もう少し深く掘り下げてみたいと思います:pencil:

このお菓子、実はフランス生まれです:birthday:

18世紀、ポーランドからフランスに亡命した「スタニスワフ1世」という王様がいました:crown:

ある日の食事の時間、デザートに出された『 クグロフ 』と言うお菓子を

誤ってラム酒の中に落としてしまい

それを食べた王様がとても気に入ったのが始まりです:shine::icon2_happy02::good:

その後、イタリア人のお抱え料理人が

その作り方をイタリアのナポリに持ち帰って広めたのが 『 ババ 』

そのままフランスで広まったのが 『 サバラン 』 だそうです

異なる国なのに同じようなお菓子があるのにはこんな理由があったんですね:cake:

ちなみに『ババ』と言う名前は

王様がアラビアンナイト(千一夜物語)が好きで

主人公のアリババからとって『ババ』と名付けたとか・・・:book:

ほかにもポーランド語で「おばあさん」と言う意味の『ババ』が語源だという説もありますが

本当はどうなんでしょうねぇ:?:

いずれにしても、国を超えて長~く愛されているお菓子だということは

間違いないようですよ:heart04:

 - 本日の旬の食材