コーヒーについて③

   

 

みなさまこんにちは(^◇^)

コーヒーについてのお話しは今回で3回目になります!

もう飽きたよ、、、

説明が長い、、、

などとおっしゃらず、私の趣味にお付き合いください(´_ゝ`)

 

さて、本日はコーヒーの品種について書いていこうと思います!

コーヒーの品種は主に3種類に分かれます。

・アラビカ種

世界で高品質なコーヒーの主流となっている品種。

豊かな香りと酸味が特徴です。

 

・ロブスタ種

インスタントコーヒー安価なブレンドに使われることが多い。

配合豆(アラビカ種)の引き立て役になる。

苦みが強く、カフェインが多く含まれます。

 

・リベリカ種

アラビカ種、ロブスタ種と比べると生産量も流通量も少なく、

風味も劣りますが希少性は高いです。

最近までは、現地の人が自家消費するのみでしたが、

インターネットの普及などにより、広く知られる存在になりました。

 

今Lounge Plusでお出ししている豆は、

パッサラクア社のメハリコーヒー豆です( `ー´)ノ

イタリア ナポリで愛され続けるプロユースのコーヒー豆です。

メハリはロブスタ種40%・アラビカ種60%のブレンドになっています!

品種のブレンド割合を勉強すると何となく味の想像ができますよ(*'ω'*)

メハリコーヒーは焙煎も深くしてあり苦みの中にも濃厚な味わいです☆

、、、とこんなことも考えながらコーヒーを飲むとまた違った楽しみ方ができ、

コーヒーの楽しみ方が広がりますね!

次回は焙煎について書きたいと思います!

 

 

 

 

 

 - LoungePlus